いざという時のために脱毛に関する法律は勉強しておきましょう

MENU

医療脱毛と脱毛の法律について教えてください。

近年、脱毛エステや脱毛クリニックなどを多く見かけるようになってきましたが、この二つには大きな差があります。

 

脱毛エステでも永久脱毛が出来るのではないかと思われがちですが、実は永久脱毛は法律で定められた医療行為になります。
昭和59年11月13日および、昭和63年2月4日に、永久脱毛の行為について厚生省の医事課によって「永久脱毛を業として行った場合は、医師法第17条の医業に該当して、医師以外の者が行えば医師法違反となる」と出ています。
この発表以降は、医療機関以外での永久脱毛は禁止されていて、医療脱毛はクリニックだけで行うことが出来ます。
ただ、医療機関ではその事実を広告することが法律で禁じられているので、広く一般に伝えることが出来ません。

 

かわりに脱毛エステは、医療脱毛が出来るクリニックと違い、広告規制などもなく自由に広告が出来るので、最近は格安の料金設定などの広告を多く見かけます。
つい、価格の安さにつられて脱毛エステを選びがちですが、脱毛エステでは医療脱毛は禁止されているため、永久脱毛の効果はないと考えた方がいいです。

 

永久脱毛の効果を求めるなら、やはり医療クリニックでの脱毛がお勧めです。
価格は脱毛サロンに比べると、高めになってしまいますが、6回ぐらいで効果を実感出来ますし、万一の肌のトラブルがあった場合でも、医師が担当しているので、治療もすぐに行ってくれます。
また、脱毛サロンのようなしつこい勧誘などもないので、安心して通うことが出来ます。

 

 

 

 

16ページ表示

#サイト名PRリンク